Inter BEE 2020 OnlineのMQA:いつでもどこでもスタジオ品質の音楽を

イベント

Inter BEE 2020 OnlineのMQA:いつでもどこでもスタジオ品質の音楽を

MQA x Inter BEE 2020

<Inter BEE OnlineのMQA出展社サイトをご訪問の方3名様にMQAからAudirvanaのライセンスをプレゼント>

東京、2020年11月16日 - 高音質オーディオ技術のパイオニアであるMQAは、11月18日から開催されるInter BEE 2020 Onlineに参加します。昨今のパンデミックの状況下、今年はオンライン上でMQAの最新情報やリリース情報、そして限定コンテンツも公開します。これらはMQAの出展者ページからご覧いただくことができます。

この秋9月に、オーディオエンジニアリング界初となる英国王立工学アカデミーのフィリップ王子勲章を授章した、MQAの開発者でMeridian Audio共同創設者であるBob Stuartは次のように語りました:「Inter BEEはMQAの最新情報や動向などを制作側の皆さんにお伝えできる大変重要なイベントです。今回はパートナーやフレンズと顔を合わすことができなくて残念ですが、Inter BEE 2020 Onlineに参加できることは大変光栄に思っています。2020年はMQAにとってとてもアクティブな年で、特に10月に行ったWOWOW主催のライブストリーミングデモはオーディオに加えてビデオ視聴環境でのMQAの可能性を示したものです。みなさんのオンラインイベントの成功をお祈り申し上げます。そしてみなさんと近いうちにお会いできることを楽しみしています。」

2020年はMQAにとって大きな進歩があった年となりました。10月にMQAは有料衛星放送局WOWOW他と協力して、素晴らしい演奏を世界初のHPL-MQA音声 + HD動画での生配信実験を行い、各方面から好評を博しました。ハクジュホールでの生配信実験で素晴らしいマリンバ演奏を披露してくれた名倉誠人さんが以前東京カテドラル聖マリア大聖堂で演奏した“Cello Suite No. 5 in C Minor, BWV 1011”「HPL-MQA音声のHD動画」はInter BEEのMQAのページで期間限定で覧いただけます。(この曲が収録されたアルバムはe-onkyoで発売されています)

マリンバ奏者の名倉誠人さんは今回の生配信について次のように話してくれました:「パンデミックが始まってから、クラシック音楽関係者は大変なことになりました。私も春と夏のコンサートの全てが中止になり、演奏の機会がありませんでした。オーディエンスとつながることはとても大切なことですので、今夜の演奏は最高の技術でそれが実現できました。今回のハイレゾ生配信のコンサートや実験に参加することができたことは誇りであり、皆さんにも楽しんでいただけたことと思います。」

ロックダウン前、MQAはBluesoundと、今を発信するJazz re:freshedとBritish Undergroundとコラボレーションし、ロンドンのBritish Grove Studiosで初のMaster Sessionsを開催しました。
また、MQAはBritish Music Embassyと共同で、中止となった2020年South By South West (SXSW)フェスティバルに出演予定だったイギリスのアーティストたちのパフォーマンスをライブ配信しました。

MQAパートナーからは新製品のリリースが続いています。今年はEsoteric Grandioso D1X & K1XのDAC&プレーヤー、Luxman D-03X & D-10Xのプレーヤー、Hiby R3Pro、R8などのポータブルプレーヤー、KEF LS50 Wireless IIのスピーカーシステム、そしてJVCKENWOODからはカーナビゲーションシステムの新製品「TYPE M」も発売されました。
詳しくはMQA出展者ページやMQA.JPのホームページをご覧ください。

またメジャーレーベルやインディレーベルからはMQAミュージックがe-onkyo musicやMQA-CDで続々とリリースされています。
ベートーヴェン生誕250周年を記念してユニバーサル ミュージックジャパンがベートーヴェンのたくさんのレパートリー、そしてジャズ、ロック、ポップスの名盤などもMQA-CDでリリースされました。 また香港evosoundからはBob James率いる4人のフュージョン系ミュージシャンによるスーパーグループFourplayのベスト盤、香港の歌姫Susan Wong、イギリス出身フィリピン育ちのChlaraのニューアルバムもこの秋MQA-CD他でリリースされています。

マリンバ奏者の名倉誠人さんのHPL-MQA音声のHD動画をぜひMQA出展者ページでご覧ください。
MQA出展者ページをご覧いただいた方は高音質音楽再生ソフトのAudirvanaキャンペーン(11月18から11月30まで)にも参加いただくことで、3名様にAudirvanaのラインセンスをプレゼントします。(当選者には抽選後直接ご連絡を差し上げます)
Inter BEE 2020 Onlineにアクセスいただきご応募方法をご覧のうえ、Audirvanaを手にしてMQAをお楽しみください。

関連記事
2020/12/04Q&A
MQAオーディオはなんですか?

MQAオーディオはなんですか? MQAは、音楽ファンがオリジナルのマスターレコーディングを自宅、車、またスマートフォンでもストリーミングできるようにした画期的なオーディオテクノロジーです。 MQAオーディオは、音楽業界

2020/12/04ニュース
「MQAが快進撃している」

「MQAが快進撃している」 麻倉怜士先生、AV評論家 MQAは「10マイクロ/秒」という人間が判別、知覚する音進行時間の細かさを、そのままシステムの時間軸解像度として実現した、初のデジタル音声フォーマットだ。その