Jazz re:freshedはMQAとBLUESOUNDとのコラボレーションで、毎年恒例のフェスをオンラインで開催

イベント

Jazz re:freshedはMQAとBLUESOUNDとのコラボレーションで、毎年恒例のフェスをオンラインで開催

Jazz re:fest 2020

MQA音声のHD動画でJAZZREFEST2020のベスト・オブがこちらで視聴可能

注目の新進気鋭のアーティストの一部は、YouTubeで、また8月24日にBluesoundの世界中のオーディエンスに高音質オーディオ音声でお聴きいただけます。

2020年8月24日、ロンドン/東京:英国のJAZZ RE:FRESHEDは、毎年恒例のフェスティバルJAZZ RE:FESTを今年はオンラインで開催します。みなさんご存じのように、昨今の世界的なパンデミックの結果、アーティストのライブパフォーマンスの開催を中止せざるを得ない現状となっています。

MQAとBluesoundの協力のもと、ロンドンのザ・ミル・スタジオでJAZZ RE:FEST 2020をミルスタジオで開催し、日本時間の8月24日の午前1時から5時までJazz re:freshedのYoutubeチャネルでストリームされます。このパーフォマンスは同時にBluesoundのBluOS Controllerアプリを使ってBluesoundのオーディオ製品をお持ちの方にもMQAスタジオクオリティでお聴きいただける仕組みとなっています。
ストリームのリプレイ(再試聴)は日本時間の8月24日の午後5時から、Bluesoundで期間限定でお聴きいただける予定です。Jazz re:freshedのYoutubeチャネルでもご覧いただけます。

今回の4時間のショーでは、Binker GoldingSahra GureSteam DownGolden MeanJas KayserAnthony Josephなどの注目のアーティスト出演し、フェスティバルの雰囲気と興奮を視聴者とリスナーに直接届けます。 JAZZ RE:FESTは、JAZZ RE:FRESHEDがプロデュースする毎年1回行われるJAZZフェスティバルです。これまでブライトンドームで開催されていたこのフェスティバルは、COVID-19関連の会場閉鎖のため会場での開催は最近キャンセルとなってしまい、ロンドンのミルスタジオで開催されることになりました。 非営利団体であるJazz re:freshedは、YouTubeチャンネルでフェスティバルの視聴者から寄付を募っています。

Jazz re:freshedの共同創設者であるAdam Moses氏は、次のように語っています。 「このミッションの重要なところは、パンデミックの状況下でジャズ音楽とオルタナティブカルチャー、カラフルで創造的な世界を紹介できることです。[…] アーティストにとっても貴重な機会であり、またMQAとBluesoundのサポートにより、スタジオ品質でリモートでパフォーマンスを楽しめることは素晴らしいことです。」

MQAのCEO、Mike Jbara:「MQAはアーティストが表現するオリジナルパフォーマンスの音をそのままファンをつなぐことのできる技術です。 Jazz re:freshのイベントに登場するアーティストは、オリジナリティとエネルギーにあふれ、アーティストの芸術性をより感じることができるでしょう。MQAは Jazz re:freshedが実現したこのイベントに参加できることを大変誇りに思っています。」

BluesoundとBluOSの親会社であるレンブルックインターナショナルのCEO兼社長であるGord Simmonds:「このユニークなイベントをサポートできることを非常に嬉しく思います。これは、BluOSプラットフォームが高解像度マルチルームオーディオ配信システムを生かすことができるからです。BlueOSは高級オーディオメーカーにも採用されています。そして、 世界中のたくさんのユーザーのリビングルームにスタジオと同じような品質で音楽祭を直接ストリーミングできる機能は、アーティストがファンとつながり、ファンがライブを楽しむことができる素晴らしい方法です。ファンのみなさんはライブパフォーマンスを繰り返し楽しめるのです。 」

フェスティバルは日本時間の8月24日(月)の午前1時から5時までYouTube.com/jazzrefreshedtv、そしてBluesoundスピーカーやBluOSデバイスお持ちの方はMQAオーディオでライブストリームされます。
リプレイは日本時間の8月24日の午後5時から、Bluesoundで期間限定でお聴きいただける予定です。Bluesoundでのリプレイの聴取方法はこちらをご覧ください。


追加情報:
フェスティバルのオーディオは192kHzで録音され、「MQAの音の折り紙」というプロセスで折り畳まれています。BluesoundのMQA対応製品はこのストリームをデコードし折りたたまれたストリームを展開して、オリジナルスタジオパーフォマンスをそのまま届けます。
JAZZ RE:FERESHEDは今年のAIM AwardsのBest Independent Label賞を受賞しました。また2020 Jazz FM AwardsのDigitalやInnovationにもノミネートされました。


Bluesoundについて
オーディオファイルのアライアンス。BLUESOUNDは、音楽業界で人生を過ごしてきたデザイナー、エンジニア、個人です。創業者たちは70年代にHiFiのパイオニアとして活躍し、革新性とオーディオの完璧さを追求する姿勢はDNAに深く刻まれています。BLUESOUNDの唯一の使命は最先端のデジタル技術を駆使して最も忠実なパフォーマンスの音楽再生を可能にする革新的なワイヤレスオーディオ製品と技術を創造することです。
詳しくは下記日本輸入代理店株式会社PDNのホームページをご覧ください: https://pdn.co.jp/bluesound/bluesound.html

関連記事
2020/12/04Q&A
MQAオーディオはなんですか?

MQAオーディオはなんですか? MQAは、音楽ファンがオリジナルのマスターレコーディングを自宅、車、またスマートフォンでもストリーミングできるようにした画期的なオーディオテクノロジーです。 MQAオーディオは、音楽業界

2020/12/04ニュース
「MQAが快進撃している」

「MQAが快進撃している」 麻倉怜士先生、AV評論家 MQAは「10マイクロ/秒」という人間が判別、知覚する音進行時間の細かさを、そのままシステムの時間軸解像度として実現した、初のデジタル音声フォーマットだ。その