モントルージャズフェスティバルシリーズ: BMGからMQAでリリース

ニュース

モントルージャズフェスティバルシリーズ: BMGからMQAでリリース

montreux-jazz-festival-mqa-releases-bmg

モントルージャズフェスティバルと音楽会社BMGは、グローバルなパートナーシップを結び、新たなコレクションシリーズ「The Montreux Years」とこれまでの歴史を振り返る3部構成のドキュメンタリーを発売しました。リマスターされたライブ盤には伝説的なパフォーマンスや貴重な未発表音源が含まれ、55年間におよぶフェスティバルの豊富なアーカイブから厳選されたものです。マスタリングを担当するトニー・カズンズが、プロジェクトにおける彼の作品について語っています。

マスタリングエンジニアであるトニー・カズンズは、1990年代初頭に彼が共同で設立したメトロポリススタジオで過去30年間を過ごしました。彼のマスタリング作業とは、「常に音楽がどのように存在するかであり、その存在にどのように対応できるかということ」にあります。この精神は、彼の最も初期の音楽的記憶にまでさかのぼります。「少年の頃に部屋に入り、初めてインプレッションズ(のレコーディング)を聞いたのを覚えています。そして彼らが部屋にいるのを感じました。

Montreux Yearsの制作にかかわることになった経緯はなんでしょうか?

私は以前からフレイザー(ケネディ–エグゼクティブプロデューサー)を知っていました。約10年前、彼は私に「モントルーのチームの何人かに会って、カタログで何かをする可能性について話し合うことに興味があるか?と聞かれました。これに対して、わたしは答えました。「もちろんです!」と。ここから、ドーチェスターで数人のスイス人スタッフとの最初の会合を持つ機会につながりました。

それから早くも10年ほどの歳月が経過し、今回The Montreux Yearシリーズが実現することになりました。最初に発売される2人のアーティストは、ニーナ・シモンとエタ・ジェイムズで、今後は他の著名なアーティストのコレクションも発売される予定です。

Montreux Yearsの制作で苦労した点はありましたか?

これらの録音の中には音質が非常に不安定なものもありました。それに加え、元のレコーディングはさまざまな形式が含まれていました。-1/4"、1/2"、DAT、U-matic、1” Betacam、他に、あとでミキシングするためのマルチトラック、フィードからミキシングデスクまでのもの、その他にはスイスのラジオ放送から録音したものもありました。アナログ録音は、ほとんどが96kにアーカイブされていましたが、ボックスに貼られているラベルのアーティストとはまったく違うアーティストの中身であったりしました。アーカイブは非常に多量で、中には明らかに間違っているもありました。その上、レコーダーが停ってしまって、途切れが大きかったりして、問題が発生する可能性がありました!

MQAはデジタルのにじみを少なくしてアナログ感覚に近くすることを目的としています。

MQAの第一印象はどうでしたか?

MQA – ミルトジャクソンとのレイチャールズのアルバムSoul Brothersを聴いているようで、本当に信じられませんが、まるで部屋の中に座って彼らを聞いているようでした。これは、本当に驚きでした。そしてこれは大変なことだと気づきました。

Montreux Yearsの録音に対するMQAが与えた効果は?

ニーナ・シモンの録音で、私は彼女と同じ部屋にいるような感覚になりました。ここが大切なポイントです。これがよりリアルに感じるほど、私は良いと考えています。

そして、モントルーはライブなので、その場所にいるんだという感覚があります。それにその場の空気感も感じられます。いくつかの過剰なと思われる編集処理のほかに、例えば、照明の音など、ノイズがあるものが、1つか2つありました。
邪魔な音を取り除きたい場合に、どこまでやってよいものか、マスタリングエンジニアとして決断を下さなければならない時もあります。


Montreux Yearsはあなたの仕事においてハイライトであるとおっしゃいましたね?

私が音という観点から見た音楽であることがハイライトです。学校を卒業した後、バンドに参加して、1960年代後半の夏の数シーズンはモロッコで演奏することになりました。 幸いなことに、私たちが演奏していたモロッコのホテルのオーナーがニーナ・シモンの熱烈なファンで、彼がなんと彼女を1週間ブッキングしてくれました。 驚いて声を出せないほど、私たちは彼女に畏敬の念を覚えました。 68年にニーナシモンを見た時は、正に、彼女の絶頂期だと思いました。

モントルーのアーカイブは、驚くべきものもあり、ユニークでもあります。これはたくさんの驚きがあるリスニング体験でした。

「ニーナ・シモン」Montreux Years’とエタジェイムズ: Montreux Years’の注文予約はこちら音声は、デジタルダウンロードやストリーミングサービス、TIDALではMQAの完全なマスター品質で楽しめます。 全世界同時発売日: 2021年6月25日

オフィシャルリリースのダウンロードは、こちらから。

関連記事
2021/06/03イベント
『What Hi-Fi? Virtual Show』でのBob Stuart最新インタビュー

2021年4月24日、史上初となる [『What Hi-Fi? Virtual Show』](https://www.whathifi.show/)が開催されました。専門家による助言や商品展開に加えて、MQA創設者の[B

2021/05/17パートナー
Music BirdはMQAとのコラボレーションにより世界初の‘Powered by MQA’デブラー放送

__高音質衛星デジタル音楽放送Music Birdがより高音質に__ __Music Birdプレミアムチャンネル‘Powered by MQA’デブラー放送がスタート__ __東京、2021年5月17日 -__ 高音