MQAとワーナーミュージック・ジャパンのコラボレーション

MQA-CD

MQAとワーナーミュージック・ジャパンのコラボレーション

warner draft image

ハイレゾも聴ける高音質ディスクとして、CDの最終進化形とも言われ、オーディオ・ファンに大きな話題となっている、日本生まれのハイレゾCD(MQA-CD x UHQCD)。ユニバーサルミュージックに続き、ワーナーミュージックが誇る豊富なカタログから選び抜かれた、ロック/ポップス/ジャズ/邦楽/クラシックの名盤29枚が8月7日に発売されます。
いま、オーディオ界で話題のMQA。その最大の特長は、ハイレゾ音源をクオリティそのまま小さくできること。大きなデータをロスなく折り畳む、イギリスで開発された最新のエンコード方法で、デジタル・ダウンロードに要する時間や、保存の際の容量の問題を抜本的に改善するものとして脚光を浴びた新技術です。そのデータのコンパクトさと、従来のPCMとの互換性を生かしたのがMQA-CD。そのまま普通のCDプレーヤーで聴くこともでき、MQA対応機器やソフトでデコードすれば、たちまちハイレゾ音源に早変わり。すなわち、ハイレゾとCDの”二刀流“というわけです。
さらにCDの素材として、UHQCDを採用。素材や製法を見直すことでプレーヤーの読み取り精度を向上させる高音質CD の最新型で、まるで音のジェネレーションを何世代も遡ったような再現能力を誇ると評判です。

ワーナーミュージックでは、8月から9月にかけて、全作品の試聴会を複数の会場で実施予定。
詳細は決定次第、以下のホームページで、掲載されます。

ワーナーミュージックのMQA-CDはこちら:https://wmg.jp/feature/mqa/

関連記事
2019/08/15ニュース
Mark Levinsonのインテグレーテッド・アンプ No5805

Mark Levinsonの「No5000シリーズ」の第一弾モデル「インテグレーテッド・アンプ No5805」。アナログラインソースはもちろん、アナログディスクからデジタル・ミュージックファイルやストリーミングまで、あら

2019/08/13イベント
今オーディオ界で話題のMQA-CDの試聴イベントatトレッサ横浜 ノジマ

今オーディオ界で話題のMQA-CD。8/7発売のワーナーミュージックジャパンの「__[ハイレゾCD](https://wmg.jp/feature/mqa/)__」と香港evosoundレーベルの新譜を含むMQA-CDの