OTOTEN2019のMQA:もっと楽しみが広がるMQA

イベント

OTOTEN2019のMQA:もっと楽しみが広がるMQA

OTOTEN2019 MQA

今年のOTOTEN2019ではMQA開発者のBOB STUARTも来日しMQAの最新動向や試聴等の講演を行います
またMQAパートナーブースではMQA対応製品の展示等が行われます


東京、2019年6月26日: MQAは、MQAの開発者でCTOのBob StuartとAV評論家の麻倉怜士先生を迎えて6/29(土)、6/30(日)にMQAの講演を行います。この講演では、MQA-CDの紹介や試聴デモ、MQAライブストリーミング(英国のサーバーからMQA対応デバイスを使ってライブ演奏を試聴)、ポータブルデバイスでのMQA音源のデモ試聴の他、MQAの最新の状況のご紹介等を予定しています。

MQA-CDの最新情報
Warner Music JapanMQA-CDの発売を決定しました
昨年MQA-CD(ハイレゾCD)を発売したユニバーサルミュージックに続いて、Warner Music JapanはMQA-CDの発売を決定しました。MQA-CDはMQAエンコードした音源を使用してこれまでのCDよりにじみの少ない音質で音楽を楽しめます。Warner Music Japanでは30タイトル、Joni Mitchellの「Bue」からJacqueline du Préの「Elgar’s Cello Concert」まで、各ジャンルのアルバムが7月24日に発売予定となっています。現在レコード店店頭やインターネットの販売サイト等で先行予約ができます。
・また大手レーベル以外のレーベルでも高音質レーベルT-Toc Recordsや大人のジャズ中心にリリースしているdoLuck Jazzも新たにMQA-CDをリリースしています。
・海外では香港のevosoundからもBob Jamesの最新アルバム「Espresso」、Susan Wongの最新アルバム「Close To Me」をはじめ高音質アルバムがリリースされています。

なおMQAは音展2019のスタンプラリーの賞品に7社23枚のMQA-CDを提供しています。スタンプラリーに参加してMQA-CDをゲットしてください!

MQAブース
MQAは今年もガラス棟G409にブースを出展します。 MQAブースでは主に小型のMQA対応製品、デジタルオーディオプレーヤー、MQA-CDの試聴ができます。 試聴機の一例はSony Walkman NW-ZX300、WM-1A、Onkyo Granbeat DP-CMX1スマートフォン、DP-X1A 、Hiby R3、Cocktail AudioX45等です。Granbeat DP-CMX1は2017年に発売されたMQA対応のスマートフォンです。MQAブースにもぜひお立ち寄りください。

OTOTEN2019に出展しているMQAパートナー情報
・JVCKENWOODはB1Fロビーギャラリーで東京オートサロン2019で発表したMQA対応のカーナビゲーションスステムMDV-M906HDLを組み込んだデモカー展示します。MDV-M906HDLはMQAファイルの他MQA-CDの再生も可能な世界初のMQA対応カーナビゲーションシステムです。ぜひ車内でのMQAを体験ください。
・SonyはMQA対応のWalkman Seriesを展示します。
・TEACブースではEsotericはGrandioso P1X & D1X(ディスクプレーヤー&DAコンバーター)を展示します。
・ハーマンインターナショナルブースではこの春のファームウエアアップデート対応でMQA対応になったMark Levinson No519のオーディオプレヤーを展示します。
・ブライトーンブースではLuminのMQA対応X1のネットワークプレヤーを展示します。

※なお上記は展示の変更や中止の可能性があります。

MQAのその他の最新ニュース
・MQAのテクノロジーは、今年初めに行われたステレオサウンド社HiViグランプリ2018授賞式で“Special Award” (企画特別賞) を受賞しました。
・2019年5月、Powered by Napsterは、スマートフォンなどのモバイル機器、自動車、ホームオーディオなどでMQAの高音質な音楽を楽しむことができるソリューションを業界向けに提供すると発表しました。
・今年初旬にはTIDALはTIDAL HiFiのユーザー向けにTIDAL Masters がすべてのスマートフォンで再生できるアプリケーションの提供を開始しました。どこにいても TIDAL Masters MQAスタジオ音質を楽しめるようになりました。(2019/6現在日本では TIDAL サービスは開始されていません)

MQAの講演、ブース、MQAパートナーの会場のご案内
MQAセミナー
ガラス棟G701
6月29日(土) 15:30~16:30
6月30日(日) 12:00~13:00

MQAブース
ガラス棟G409

MQAパートナー
AudioQuest (Denon & Marantzブース) - G408 / G605 / ホールD5
Cocktail Audio (Triodeブース) - G409 / ホールD5
Esoteric (TEACブース) - G609
JVCKENWOOD - D401 / G410 / B1Fロビーギャラリー
Lumin (Bright Toneブース) – G406
Mark Levinson (Harman Internationalブース) - G408 / G608 / B1Fロビーギャラリー
Onkyo&Pioneer - G408 / G504 / Hall D5
Technics (Panasonicブース) - G602
Sony – G407

※展示は上記の一部のブースとなっている場合があります。

MQAについて
MQAは、人の聴覚の科学的研究から元のスタジオパフォーマンスのサウンドをとらえて再現するテクノロジーを開発しました。マスターMQAエンコードファイルはアーティスト、エンジニアやプロデューサーによって完全に認証されたもので、ストリーミングまたはダウンロードするのに充分なファイルサイズにできるだけでなく、下位互換性もあるため、既存のデバイスやアプリケーションでMQAエンコードされた音楽を楽しむことができます。 MQAの数々の賞に輝くテクノロジーは、世界中のレーベル、音楽サービス、ハードウェアメーカーにライセンスされており、RIAAによっても認証されています。 MQAは英国を拠点とする民間企業です。 詳細については www.mqa.jp を、技術的な詳細については www.bobtalks.co.uk をご覧ください。

関連記事
2019/05/21MQA-CD
季刊・オーディオアクセサリー173号 特別付録に聴き比べができるMQA-CD

季刊・オーディオアクセサリー 173号 SUMMER (2019年5月21日発売 定価1,400円(本体価格1,238円))の特別付録はジャズヴォーカリストの山口葵さんのアルバムから2曲、新たに収録された2曲の計4曲を、

2019/05/08イベント
ミュンヘンハイエンドショー2019でのMQA:スタジオクオリティーサウンドMQAの採用が拡大

__ロンドン / ミュンヘン、2019年5月8日--__ 認証されたマスタークオリティの音楽をストリーミング配信するのに充分なサイズとすることを実現したパイオニア企業であるMQAは、今年のミュンヘンHIGH ENDに参加