WOWOWがHDビデオとMQAをデモ...ライブ中継放送を視野に

イベント

WOWOWがHDビデオとMQAをデモ...ライブ中継放送を視野に

MQA-WOWOW-logo

ロンドン/東京発、2020年2月20日 – 日本の有料衛星放送局WOWOWがMQAのオーディオ技術を高品質のビデオと組み合わせて‘best sound, best picture’を送信する第三回目のデモを行いました。 参加社にはレコードレーベルも含まれ、近い将来ライブのアーティストパーフォマンスをMQA/HD画像で送信する可能性をアピールするイベントでした。

イベントに出席されたAV評論家の麻倉怜士先生は、「MQAはすべてのメディアを根底からパワーアップする。CDをハイレゾ化し、音楽配信に新しい音質価値を与えた。そして今、映像を支えるイマーシブサラウンドをMQA化するという。WOWOWの映像+MQAの試みは、メディア・シーンの新展開として、大いに注目したい。」

MQAの開発者で、CTOのBob Stuartはビデオメッセージで、「MQAは'Take Me There – 音楽が生まれる場所へ' を約束します。ライブ放送でも、オンデマンドHDビデオでも、MQAのテクノロジーによってMQAのパートナーは初めて‘best sound, best picture’をユーザに届けることが出来るようになったのです。」と語りました。

2019年10月にWOWOW辰巳放送センターで行った世界初のデモの後、WOWOW技術局の入交英雄氏は、「放送の映像は4K、8Kで高画質になりましたが、音声の音質向上が遅れているのでは意味がありません。MQAのテクノロジーこそがこの問題を解決したと言えます」と、MQAを賞賛しました。

イベントに参加した方々は、HD画像にMQA音声を加えて配信が出来るようになったことに驚かれるとともに、MQAの高音質を高く評価しておられました。

関連記事
2020/06/05ニュース
MQAがグローバル提携ネットワークを拡大して世界中で最高のリスニング体験を強化

__ロンドン/(バーチャル)ミュンヘン、2020年6月5日 -__ 高音質オーディオ技術のパイオニアである MQA は、海外企業との提携ネットワークを広げ、展開範囲を拡大し続けています。今年は[Munich High E

2020/04/28ニュース
MQAはUNAMASの収録映像をMQA音声+HD動画で公開します

__日本/ロンドン、2020年4月28日 -__ MQAは、4月7日からMQA音声でのHD映像コンテンツを配信していますが、いよいよ日本の高音質レーベル[「UNAMAS」](https://unamas-label-jp