WOWOW + MQAによる世界初のHDビデオと高品質オーディオのデモンストレーション

ニュース

WOWOW + MQAによる世界初のHDビデオと高品質オーディオのデモンストレーション

MQA-WOWOW-logo

ロンドン/東京発、2019年10月25日 – 日本の有料衛星放送局WOWOWが、MQAのオーディオ技術を高品質のビデオに合体させることに成功しました。10月24日にこの世界初のデモをメディアに向けてWOWOW辰巳放送センターで行いました。11月15日には、Inter BEE 2019にてフルデモンストレーションが行われます。

MQA創設者でCTOのBob Stuartは、「WOWOWと協力して、高品質の音響とビデオが一体となった放送の実現の可能性を探ってきましたが、実験に成功しました。MQAの特長であるサウンドのクリアさ、小さく軽いファイル、バックワード・コンパチ性を高品質のビデオと組み合わせて送ることができるのです。この実験の成功は国際的に放送の分野に新たな可能性をもたらすことになるでしょう。

WOWOW技術局の入交英雄氏は、「この開発はMQAをVODやライブ放送のサービスで使うという目的で進めてきました。放送の映像は4K、8Kで高画質になりましたが、音声の音質向上が遅れていることがネックでした。送信帯域幅制限のため、音声のハイレゾ化などが問題になっていましたが、48kHzで高音質音声が伝送可能なMQAのテクノロジーでこの問題が解決されたのです。なによりも重要なのは、“想い・感情”を伝えるためには高音質が必要だということを証明出来たということです。

消費者は映像の質が向上し続けることに慣れてきていますが、オーディオの品質向上は後回しにされてきました。MQAテクノロジーはスタジオで制作されたマスター音源を最高音質でスマートフォン、ホームオーディオシステム、自動車までにも届けることが出来ます。

昨年のInter BEEでは日本で初めて、MQAのリアルタイムエンコーディングデモンストレーションを行いました。高い評価を受ける日本人ジャズ・ミュージシャンの清水絵理子と山口真文のライブ・パフォーマンスを最高の音質でリアルタイム配信しました。MQAはストリーミング、ダウンロード、そしてMQA-CDでも提供できる、非常に汎用性や柔軟性の高いオーディオフォーマットです。
今年初め、MQAが幅広く展開されていることが認められ、HiViグランプリ2018授賞式では”Special Award”(企画特別賞)を受賞しました。

ノート
今回のデモンストレーション映像は、MQAと、ライブコンサートを収録した衛星放送局WOWOW、3Dオーディオ(バイノーラル処理)のHPL(Acoustic Field社)、それにエヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社が提供しているMPEG-4 ALSロスレス圧縮技術(PCMでMQAファイルを伝送できる)を用いて実現しています。

プレスキットはこちら

WOWOW Press Event Combined square lr

関連記事
2022/02/21イベント
MQAのCEO Mike Jbaraが音楽イベントでサステナブルな技術として MQAを紹介

音楽エグゼクティブ向けに毎年開催されているNY:LONイベントで、Mike Jbaraが進行役となり、新たな価値観に基づく音楽ビジネスについてのパネルディスカッションが開催されました。 [AIM](https://ww

2021/12/15ニュース
WOWOWがAURO-3DやHPL-MQAによる3D音声の体験が可能なハイレゾ/3Dオーディオ再生アプリを発表

日本の有料衛星放送局[WOWOW](https://www.wowow.co.jp/)がNTTスマートコネクトと協業し、ハイレゾ・3Dオーディオ再生を楽しめるMac/iOS用アプリ[「ω(オメガ)プレーヤー」](http

MQAからのご案内

MQAの最新情報などをご案内しています。